「980円ペイパル」




名前だけ見ると、ちょっと大丈夫かなぁー
そんな気持ちになりませんか。


そう、多分名前がいけないんでしょうね。、、、ペイパル、、、、何だか想像できないですよね(笑


ペイとか、パルとか、くっついてペイパル、そして、頭に980円も付きます。


でも、全然大丈夫です!


詳しい内容はコチラ → → → 980円ペイパル


3.jpg


簡単に説明を略すと下記の3つです。、、、多すぎてもわかりづらいので、3つにしました!




その1・・・インターネットで稼ぎたい人が、アフィリ商品として簡単に販売出来る。(再販権付)・・・私も最初はココで購入して、その日に販売出来ました!、、楽です。


その2・・・自分が売った商品の代金は直ぐに自分の指定口座に振込まれる!・・・これが一番助かるのですよ。普通のアフィリ会社を通すと翌月末払とかで困るのです。


その3・・・980円なのに特典がたくさん付いてます。・・・画像素材や動くアニメ素材として約285点とか、販売のコツについて良くわかるレポートなど盛り沢山で得した気分です。


2.jpg 11.jpg




大きくこの3つです。




アフィリを始めたいけど、何処から始めればいいの??? いつも、ここまででアフェリを始められない人は、簡単でベストですよ。


私も、最初はどこから手を付けて良いか分かずに、980円だし、、と、購入を決めました。



あと、お話しておきたい事が有ります。

私のパソコンがMACなのですが、購入の商品ダウンロード時にPC環境の相性が合わずにてこずりました。

しかし、販売者のNET-MAN-コバヤシさんに、何度もメールで解決方法を返答して頂けたので、無事にダウンロード出来た経緯が有りました。

不安でしたが、この人の商品なら大丈夫だと安心し自信を持って販売する事が出来ました。



詳しい内容はコチラ → → → 980円ペイパル




2009年09月25日

「レモン牛乳」ブレイク!注文殺到 OL中心に人気 ヨーグルトも登場 栃木




 栃木県民にとっては懐かしの味「レモン牛乳」が、全国から注目を集めている。人気芸人「U字工事」がテレビやブログで紹介したのをきっかけに、製造元の栃木乳業(大平町)には注文が殺到。何ともいえない甘酸っぱさがOLを中心に人気を呼んでおり、今月15日からは「関東・栃木レモンヨーグルト」も登場したほどだ。

 レモン牛乳は、牛乳に砂糖とレモン香料を加え、甘酸っぱく仕上げた乳飲料。レモン果汁は牛乳に入れると固まってしまうため、実は入っていないという。

 戦後間もなく、関東牛乳(宇都宮市)が「関東レモン牛乳」を開発し、同市内などで販売していた。ところが、平成16年に同社が廃業し、一時は製造中止に。しかし、「懐かしい味を復活させたい」との声を受け、栃木乳業が製造法を引き継ぎ、パッケージのデザインもそのままに製造を再開した。

 同社によると、先月は前年同月と比べて、約1・5倍に当たる1日平均約5千〜7千パックを出荷したほど。工場が1つしかないため、製造が間に合わない状態だという。

 今回新たに登場したヨーグルトは、開発までに約半年をかけた自信作。レモン牛乳に乳酸菌を加えて発酵させており、レモン牛乳のイメージを崩さないよう、やはりパッケージのデザインはそのままだ。

 通勤客や学生でにぎわうコンビニ「セブン−イレブン宇都宮馬場通り店」(宇都宮市馬場通り)では、買い物客の一番届きやすい位置にヨーグルトを陳列。同店では「とてもよく売れており、特にOLたちに人気が高いようだ」と話す。

 栃木乳業の浅野恵一企画経営管理部長は「注文が殺到して驚いているが、知名度の低かった栃木を多くの人に知ってもらえるきっかけになれば」としている。

引用/yahoo
posted by 980円ペイパル at 14:16| Comment(55) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ミポリン、12年ぶり映画「サヨナライツカ

513VBYAP4QL._SL160_AA115_.jpg

41KDD053FTL._SL160_AA115_.jpg



 パリ在住の女優、中山美穂(39)の本格女優復帰作となる映画「サヨナライツカ」(イ・ジェハン監督)の場面写真が23日、初公開された。

 同作は、夫で小説家、辻仁成(49)の原作をもとに、愛に生きる女性・沓子(とうこ、中山)を描いた物語。今回公開されたのは、愛する男性(西島秀俊)とのツーショットと遠くから見つめるシーンの2点。物憂げな瞳が印象的だ。

 女優業は02年のフジテレビ系ドラマ「ホーム&アウェイ」以来。映画出演は97年の「東京日和」以来、実に12年ぶりだが、中山は「カメラの前に立ったとき、12年という月日を感じませんでした」と、ブランクは感じなかったよう。

 この日は、公開日が来年1月23日に決定したことも発表。製作サイドでは初日舞台あいさつに中山を呼ぶ予定で、12年ぶりにあの笑顔がナマで見られるかも!?


引用/goo
posted by 980円ペイパル at 13:24| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

芸能人に学ぶ空気の作り方 出版プロデューサー・高須基仁さん「人たらしの極意」




 芸能人関連の書籍や写真集などで知られる出版プロデューサーの高須基仁(もとじ)さんが今月、「人たらしの極意」(春日出版)を出版した。芸能界でしたたかに生きる女優や歌手らの山あり谷ありのエピソードが満載で、相手を説得して話をつけるためのノウハウを学ぶことができる一冊だ。

 「女たらし」という言葉はあるが、「人たらし」はあまり耳にしたことがない。高須さんによると、5年ほど前に編み出した新語だという。

 高須さんは、写真集などを企画するたびに、女性やカメラマンのほか、「ヘアヌードなんて…」と毛嫌いする世間の説得に迫られた。そんな体験などから、「経験に裏打ちされた言葉で人をたらしこみ、自分で周りを納得させる場を作ることがビジネスの成功にもつながる」と気付いた。

 相手との会話で答えが出なくても、結論は先に延ばさない。「話が煮詰まれば、こちらから間髪を入れずさらに話を切り出せば、自分の方に相手を引きずり込める。思い切りのよさが必要なんです」

 この本では、自分なりの空気を作るためのケーススタディーとして、芸能界であえて空気を読んでいないように見えながらも、自分を押し通しているタレントや女優らに注目。彼らが世間の冷たい視線をどうはね返し、したたかに生きているかを紹介した。登場する芸能人は、故・飯島愛さんから華原朋美、ルビー・モレノ、北野誠、ジョニー大倉など幅広い。

 高須さんは「社会からすれば、芸能人はマイノリティーの人たち。常識や倫理観がない不良も多い。そんな彼らにも愛を込めて書いた。彼らの山あり谷ありの人生に迫ることで、空気の作り方はもちろん、人間とは何かも見えてくる。孤独に悩める読者には癒やしの一冊です」と話す。

 「人生、七転び八起き。谷が深くても、きっとまた山はある。嫌なことがあれば、寝て忘れればいい。それが人生です」。そう高須さんは笑い飛ばした。(村上智博)


引用/goo
posted by 980円ペイパル at 10:04| Comment(1) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック
無料ツール20ページ飛んで、20HIT!ぱるぷんて ■ぱるぷんて設置リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。